メインイメージ

ママ友の嫉妬と共通の友人への悪口

マスコミで何かとおもしろおかしく取り上げられる「ママ友」。
インターネット上でも、体験したり見聞きした様々なトラブル報告で盛り上がりやすい話題ですね。

私は幸いにも知り合う人に恵まれていて、公園やご近所でトラブルに巻き込まれたことはありませんでした。
今までの人生の中でだって、TVやネットで取り上げられるような困った人に出逢った経験は皆無なので、ママ友トラブルなんて実は都市伝説じゃないの~などと暢気に考えていたくらいです。

こんな具合に人間関係に油断しまくりだった私が遭遇したプチトラブル!原因は相手の嫉妬でした。

私の夫は俗にいう「イクメン」で、近隣の子育て世帯の奥様方からかなりの高評価を頂いております。
親戚付き合いもそこそこ良好で、特にストレスもなく平和な関係を築いています。

ママ友(以下 Aさん)のご主人は会社では優秀な営業マンだそうですが、家事育児には非協力的。
お姑さんは「クチは出すけど金銭的な援助はしない、孫は愛玩動物!」というタイプ。
会う度に夫と姑の愚痴を延々と、そして私の夫や義実家を羨ましがる彼女。

大変だね頑張って、でもAさん美人だし子供もとっても可愛いからうらやましいよと見当はずれな返事しか出来ない私。

そんな事を繰り返しているうちに自分と私の生活環境を勝手に比べて嫉妬の炎を燃やされ、Aさんと共通のママ友Bさんに私の悪口をさんざん吹き込んでいたことが、Bさんから教えてもらって発覚。

あーなるほど。待ち合わせに1時間も遅刻したり、約束の5分前にドタキャンしたり、あれもこれも嫌がらせだったのね。

全く気付かなかった私、お目出度い。Bさんがこっそり教えてくれなかったら、不毛な関係はまだ続いていたのかもしれない。

以来、Aさんとの連絡は一切シャットアウトしました。幸いな事に住まいが離れているので、よっぽどの事がなければもう一生会う事はありません。

今振り返れば、Aさんも愚痴をこぼす相手を間違えたのだと思います。
あの数々の愚痴も、彼女にとってはとても深刻で真剣な悩みだったのでしょう。

夫や姑の不満を抱えずに過ごしているお気楽主婦の私にそんな話をしたところで、彼女の望む様な答えを返せるはずもなく。

こんな一件を経て、ママ友に聞かれても家庭内事情を話すことはあまりしなくなりました(彼女の様に根掘り葉掘り聞いてくるママもそうそう出逢いませんし)。
何事も経験ですね。勉強になりました。

会社で働いていた時に築いていた人間関係とは全く違う、育児主婦ワールド。楽しいです。

スポンサーリンク

誰かの役に立つ内容であれば共有をお願いします!

Copyright© 2010-2016 新米パパ目線での妊娠~出産~育児の記録 All rights reserved.