メインイメージ

子供はホントに好奇心旺盛

子供はホントに好奇心旺盛。でも、存在を知らない物事に興味を抱くことはできません。その存在を子供に知らしめるところまでは、親、教師、コーチがリードする必要があると考えます。また「偶然の出会い」を「運命の出会い」に変える演出も必要かもしれません。

年中さんになったうちのチビッコ。子供らしい好奇心の持ち主です。最近はいろいろな情報を仕入れてきて「トッキュウジャー」「プリキュア」「妖怪ウォッチ」「アイカツ」などを観たいとせがむようになりました。

もともとあまりテレビをつけない家なので、その手の情報が入ることはまずありません。しかしお友達が幼稚園でキョウリュウジャーゴッコをしているのを見て、混ざりたくなったのでしょう。「あああ、余計なことを覚えてきた…」とちょっとだけ思いました。

でも決して悪いことばかりではありません。文字をあまり積極的には教えていないのですが、大好きなキャラクターの名前を読みたくて書きたくて必死になったり(笑)

お友達からも良い刺激を受けています。ある日、引越をしたお友達からお手紙が届きました。そちらのおうちはかなり教育熱心で字も算数もできます。仲良しだった彼女から届いた手紙。はじめは無邪気に喜んでいたチビッコですが、ふと気がついて「これ…△ちゃんが自分で書いたの…?」としばし呆然。それから猛烈に字の練習を始めました。

やはり外からの刺激が何もなければ子供の興味関心を広げることは限界があるように思います。うちがテレビをつけないのは「テレビを見ているとそれだけで1日が終われるから」。あまりそういうことは覚えてほしくありません。大人になったら好きなだけ見ればいいです。

それよりは自分の手で触れ、言葉を交わすことができる人たちに興味を持ち、自分がやりたいことを試してほしいなという想いからでした。

幼稚園の先生方からは毎日愛にあふれた刺激をいただいているようです。放課後の体操教室のコーチからはがんばることとあきらめないことを学ばせていただいたようです。うちのチビッコは人に恵まれているなあ、と本当に思います。そういう環境をできるだけ用意し続けてあげたいと思います。

スポンサーリンク

誰かの役に立つ内容であれば共有をお願いします!

Copyright© 2010-2016 新米パパ目線での妊娠~出産~育児の記録 All rights reserved.