メインイメージ

素直に「ごめんなさい」が言えない

素直に「ごめんなさい」が言えないのは、4~5歳の年齢的なもの?性格?「アリガトウとゴメンナサイはすぐに・何度でも言うこと」と常日頃から言い聞かせているのに、何故ひと言が出ない?どうしたら言えるようになるのか。かなり真剣な悩みです。だめな事をした後で素直にゴメンナサイと言えない姿を見るとガッカリする。

こんなことをママ友に愚痴ったところ、以下の回答を頂きました。

1.謝れないのはやってしまった事に対して自分の考えがあるってことだろうから、良いんじゃないかなぁ。まだその気持ちを言葉にできない時期だからたくさん葛藤があるのかもしれないし。ごめんなさいって言わなくてはならないシーンをやたら避けるようなチャレンジしない子の方が心配かも~。

2.ウチの子もあやまらないよー!ゴメンネは「はいはい、言えばいいんでしょ?」って感じで口だけで言ってると感じることもしばしば。謝らないときは「わざとやったわけじゃない=悪くない」と思ってるふしアリ。

3.私もそういう子だったから、そういう姿を見ると心が痛むよ~。そのひとことが口に出せなくて、もじもじしちゃったり、あまのじゃくな態度をしちゃったりしてた。きちんと言えるようになったのは高校生くらいだったかも(笑)お母さんごめんなさいって気持ち。

4.言い聞かせ続けるのは大事かも。案外、当人の心のなかでは「ごめんなさいの気持ちはちゃんと伝えてはいる」みたいな気持ちも若干あったりとか。実際にはちゃんと言葉にしないと伝わらないけどね。中学生の頃に家族から「あなたは謝らないよね」と言われてようやく自覚したよ・・・。

成る程、みんなそれぞれに思う所があるんだね。全ての答えに納得です。

自我が芽生えて、物事も分かるようになってきている年齢だけど、まだまだまだ子供というか幼児だものね。そりゃあ色々とあるよね。私が求め過ぎて焦り過ぎていたのかなと反省しました。怒らず焦らず、気長に言い聞かせ続けてみるとします。先は長いぞ!

スポンサーリンク

誰かの役に立つ内容であれば共有をお願いします!

Copyright© 2010-2016 新米パパ目線での妊娠~出産~育児の記録 All rights reserved.