メインイメージ

外出時の楽ちん授乳法

外出のネックに

授乳時期の外出はママにとって一苦労ですよね。場所や時間を問わずおっぱいを欲しがる赤ちゃんに我慢させるわけにはいかず、かといってどこでもいつでも授乳できるわけではなく…授乳場所を探している間は泣き声で周囲に迷惑がかかっていないかも気になるものです。

トイレにおむつ交換台が増えてきて比較的楽になったおむつ替えとは違い、授乳はまだまだ外出先ではしづらいこと。息子が泣き始めるとあわてて授乳できそうな場所を探すのが常で、気を遣うのが面倒だから外出したくない!と思ったこともしばしばでした。

自分のタイミングで対応できるよう工夫する

とはいえずっと息子と家の中にいるのも気が滅入ってくるので外出したくなります。そこで自分のタイミングで授乳できる方法をいくつか考えました。たとえば薄手のひざ掛けを持ち歩く方法。ひざ掛けが1枚あるととても便利で、抱っこした息子の背中から私の肩にかけてさっと覆うと人の視線を気にすることなく授乳することができます。ずり落ちてこないよう小さな留めピンも一緒に持ち歩いているとさらに安心です。

また授乳時期は服装も大切なポイント。授乳しやすいよう胸元に切れ込みが入ったシャツの上にもう一枚前開きタイプのシャツを羽織っていれば、先ほどのひざ掛けと同じように前開きのシャツで胸元を隠せるため気楽に授乳できます。飲食店などではやはり席をはずして授乳していましたが、公園などではこれらのアイテムがあることで私や息子のタイミングでの授乳がしやすかったです。

まずは気楽に考える

初めは慣れなかった外出先での授乳も、自分でできる工夫によって少しずつできるようになったことで外出そのものがとても楽しくなりました。常に授乳のことを考えて周囲の景色やイベントを楽しめないのはもったいないですよね。

毎日の育児で大変だからこそ、ママも家から出て気分転換したいもの。「このアイテムがあるから何とかなる」という気楽な気持ちで赤ちゃんとの外出を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

誰かの役に立つ内容であれば共有をお願いします!

Copyright© 2010-2016 新米パパ目線での妊娠~出産~育児の記録 All rights reserved.