メインイメージ

ママの年齢のこと

妊娠中に病院の母親学級に通っていて気付いたのは、自分と同じ年頃の妊婦さんが少ないこと。私は30代後半の妊婦で、いわゆる高齢出産でした。年齢と関係あるかはわかりませんが出産も時間がかかり、30時間超。顎やお尻など普段ではアリエナイ箇所まで筋肉痛になって大変でした。もう二度と出産しないと病院で心に誓ったのを思い出します(苦笑)。今は2人目欲しいけど、もう年齢的に難しいだろうなと諦めモード。1人子高齢ママとして頑張っています。

私は年齢の上下関係のない職場でずっと働いていたせいで、大人になってからの友人は年齢層が様々です。下は20代から上は60代まで幅広く。なので、親しくなったママさんの年齢も特に気にしたことはありません。家族ぐるみでお付き合いさせてもらってる最年少ママ友なんて、私は彼女のお母さんとの方が年齢が近かったりします。

知り合って親しくなってからそんな話題に流れてお互いに打ち明け合うわけですが、私と同年代で第1子ママはとても少ないです。

若いママさん達との話について行けるのかと最初は多少の不安はありましたが、育児に悩む母親という立場は共通なので、気が合えば普通に楽しくおしゃべりも弾みます。年齢差を気にするママも中にはいるので、「年上の私に任せて!」と姉さん風を吹かせたり、「私はもうオバチャンだから~」と自分を年寄り扱いしないようにするナド、相手に年齢を意識させないようには気を付けています。

いやでもしかし、子供が成長するにつれ思うのは「もっと早くに産んでおけば良かった」。近所の小学生と遊んだりすると本気でそう思います。全力疾走で鬼ごっこ・バスケットやバレーボール・バトミントン・縄跳びなどなど、体力勝負な事ばっかり。まさに老体にむち打ってという有様で、本気で若いママが羨ましい!足腰に気をつけながら体力増進とダイエット効果を期待して前向きに付き合うしか手はなさそうですよね。

スポンサーリンク

誰かの役に立つ内容であれば共有をお願いします!

Copyright© 2010-2016 新米パパ目線での妊娠~出産~育児の記録 All rights reserved.