メインイメージ

着替えたくないとぐずった時の対処法

着替えたくないとぐずる毎朝
息子が3歳になった頃から一人で着替えたがるようになったのはいいのですが、朝起きて着替える時はいつもひと騒動です。

「着替えたくない!」とパジャマを脱ぐことをかたくなに拒否して、結局パジャマのまま朝ご飯を食べる時もしばしば。

「このままお出かけする!」と言ったり、私が手伝おうとすると「自分でするの!」と手を払ったり…朝の忙しい時間にぐずぐず言われるので私もイライラして、つい「早くして!」とせかしてしまい、せっかくの一日のスタートも台なしな気分になることが少なくありませんでした。

自分で服を選ばせる

息子の中では自分でやりたいというやる気はけっこうあるようなので、もしかしたら服選びからさせてみたらいいのかも?と思い立ち、自分でその日に着る服を選ばせることにしました。

息子の服をしまっているバスケットをそのままリビングに持ってきて「今日はどれを着ようか、選んでみて」と言うと「えっとね今日はね」と飛びついてきました。

あれこれと触るのでどんどん服が散乱していきますがここはぐっと我慢。

パンツとTシャツとズボンを自分で選んだことですでにかなり満足している様子です。

そこで「これ一人で着られる?」と聞くと「できるよ!」と即答。
遊んでいたおもちゃも置いてパジャマを脱ぎ始めました。
いつもは私が服を選んでパジャマを脱がせるところまでしてあげていたので、この変化には驚きました。

待つことが大切

この方法を始めてから、息子は自分で服を選ぶことの楽しさを覚えたようです。

たまにちぐはぐな組み合わせになっていることもありますがそれもご愛嬌、服を選んで一人で着替えられたというのが嬉しいようです。

さっさと着替えが終わるよう今でもつい手を出したくなりますが、息子なりに一生懸命着替えているのでできるだけ見守るようにしています。
すぐに助けるのではなく、待つことも大切なのだなと感じました。

スポンサーリンク

誰かの役に立つ内容であれば共有をお願いします!

Copyright© 2010-2016 新米パパ目線での妊娠~出産~育児の記録 All rights reserved.