メインイメージ

37話 胎児ドッグの予約(22週6日目)

また週数がひとつ進む日曜日の前日を迎えました。今までの僕らにとってはごく普通の当たり前の土曜日の夜なのですが、ヨメさんが妊娠してからは、特別な日になっています。

銀行の通帳残高と同じように、妊娠期間の週数が積み重なっていくのは非常に楽しみなことでもあるのです。さて、昨日、ヨメさんはかかりつけの産婦人科に胎児ドッグの予約を行いました。最初は、電話で23週に胎児ドッグを行うようにお願いしていたのですが、29週時点でも胎児ドックを行うことができると分かり、結局遅らせることにしました。

すでに臨月を迎えているヨメさんの妊婦友達などは、できるだけ遅い週数の時に胎児ドッグを行う方が赤ちゃんの顔や体のパーツがはっきり分かって絶対楽しいよと言っていたらしいです。そんなことを聞いたので、ふたりとも、「できるだけ遅い時期にやろう」ということで意見が一致し、29週に行うことに決定しました。

29週といえば、8ヶ月目です。胎児ドッグって、できるだけ早めに行って、なにか問題点があるのかどうかを教えてくれるものなのかなと思っていたのですが、どうやらそうでもないようですね。

赤ちゃんに異常などがあるのであれば、普段の定期健診でわかるので、特に胎児ドッグでとやかくということはなさそうです。(追記 後日聞いた話なのですが、胎児ドッグは循環器系の異常を確認することが出来るそうです。また30週を超えると胎児が大きくなりすぎて、綺麗な画像が見られないということがあるそうです。僕らも28週に変更しました)

4D画像などでしっかりお腹の中の赤ちゃんがどのような状態なのかが分かるということなのでちょっと待ち遠しいです。 とりあえずは5体満足で異常が無ければそれ以上は望まないという気持ちが強いです。

スポンサーリンク

誰かの役に立つ内容であれば共有をお願いします!

Copyright© 2010-2016 新米パパ目線での妊娠~出産~育児の記録 All rights reserved.