メインイメージ

32話 膀胱が三日月型に変形(22週1日目)

先週の金曜日に急な腹痛で検診に行ってきた時の話の続きです。ベッドの上に寝そべってのエコーでの画像診察ですが、赤ちゃんの入っている羊水の部分は画面上は黒く映ります。

つまり、水分のある部分は黒い部分なので、羊水の量が適正かどうかなどの診察も画面一つで分かるようです。エコー画面で診察をしている時に、先生から、「今尿意がありますよね?」と言われて、ヨメさんはビックリしていたのですが、先生はエコー画像の画面を見ながらどこが膀胱かを教えて下さり、「この三日月状になっている部分が膀胱で、大きくなってきた子宮に圧迫されて三日月状になっています。」とのことでした。

パソコンのモニターに映し出された写真から色々なことがわかるんだなと感心していました。

僕らは、診察の時には赤ちゃんがどのような状態でお腹の中にいて、どれくらいの大きさなのかや、向きはどっちになっているのかなどに意識が集中しているのですが、先生はいろいろな部分を一気に診ているようです。さらに、その三日月型になっていた膀胱のなかは真っ黒になっていて、それを見た先生が、尿意があるということが分かったようです。

ヨメさんは恥ずかしそうにしていましたが、僕は、「へぇ~」といった感じで、半ば感心しながら画像を眺めていました。ともかく、黒いところは水分(体液のことかな?)ということが分かったので、これでまた一つ賢くなりました。今後、エコー写真をもらうときも一つ見方が分かったようで楽しめる部分がまた一つ増えたのでした。

スポンサーリンク

誰かの役に立つ内容であれば共有をお願いします!

Copyright© 2010-2016 新米パパ目線での妊娠~出産~育児の記録 All rights reserved.