メインイメージ

13話 抱き枕が必要(21週0日目)

妊娠6ヶ月に入ってくると、お腹の大きさも目立つようになってきますよね。もちろん、子宮がそれなりに大きくなっていることを表しています。

通常、仰向けで睡眠をとる人が多いのですが、6ヶ月ともなってくると、子宮の重さで他の臓器を圧迫し、身体には良くないようです。そのため、仰向けや下を向いて寝ていた人は、無理にでも寝る体制を変える必要があります。一番良い体勢は横向きです。ただ、今までの寝方と違う横向きとなると、なかなか実行しにくいものです。

こちらの三日月形の授乳クッションは、そのままの三日月形でも使えますが、端と端をボタンで止めますと、その中に体を入れて赤ちゃんを置くことが出来る、授乳クッションにもなるものです。

なかなか便利でした。うちのヨメさんも使いました。横向きで寝にくい方には抱き枕を買うのがお勧めです。抱き枕は妊娠中の睡眠に非常に重宝しますが、赤ちゃんが生まれてからでも端と端をつなげれば赤ちゃんの授乳用のクッションにもなります。

うちのヨメさんもしっかりと抱き枕を購入し、横向きで寝るようになりました。夫の方としても上向きでヨメさんの体が圧迫されるよりも安心出来ます。上向きや下向きは母体にいい影響を及ぼさないことを認識し、横向き寝に挑戦して下さい。

スポンサーリンク

誰かの役に立つ内容であれば共有をお願いします!

Copyright© 2010-2016 新米パパ目線での妊娠~出産~育児の記録 All rights reserved.